arrowPage
Top
Column GXお役立ちコラム
  1. ホーム
  2. GXお役立ちコラム
  3. GX実践企業インタビュー 吉田プラ工業株式会社 Vol.3

GX実践企業インタビュー 吉田プラ工業株式会社 Vol.3

吉田プラ工業株式会社
Vol.3「自社にとってのGX(環境貢献)とは」

GXに取り組む企業にGXまなぶ君がインタビュー!

第二弾は2023年10月5日(木)に行われた「第1回GX普及啓発シンポジウム2023」にも登壇していただいた吉田プラ工業株式会社 代表取締役社長 吉田雄三さんと同社 マーケティング本部長 五味直樹さんにお話を伺います。3回目のテーマは「自社にとってのGX(環境貢献)とは」です!

資源・時間の無駄を省く=GX!

まなぶ:

前回はサステナブル経営の情報開示にどうやって自社だけで対応していったのかについてお伺いいたしました。

今回はズバリ!自社にとってのGX(環境貢献)についてお聞かせください。

吉田:

前回もお話ししたように、「無駄をなくす」ことでしょうか。

「無駄をなくす=無駄なことに時間や資源を使わない」ことです。

当社で開発したアップサイクル商品を例にあげると、資源に廃材を使用して資源の再利用で無駄な資源をなくすことになるだけでなく、当社だけの手柄にしないで、他社と情報の共有も行うことで技術的な部分での無駄もなくそうとしています。無駄なことをなくしていき、省エネや脱炭素などサステナブルを絡めながら収益を追求していく、そういった経営を目指して行っていくことが当社のGX(環境貢献)です。

まなぶ:

無駄をなくすなど日々の業務の取組を積み重ねていくことが大切ですね。

これからGXに取り組んでいく企業さんにアドバイスをお願いします!

吉田:

どこまで目指していくかだと思うんですが、無駄をなくしていくことを追求することでしょうか。そして「収益を追求していくこと」と「脱炭素や省エネ」を絡めて考えていくことが必要かと思います。

まなぶ:

サステナブルな取組というと、CO₂を減らすために工業の作業工程を増やしたり、環境を守るためには必要経費としてコストをかけるといった大掛かりなことを想像してしまいます。でも無駄をなくすことだけで環境貢献になるとお聞きし、GXへの最初の一歩が踏み出しやすくなると感じました!

バイオマスプラスチック、再生プラスチックを使った製品に添付されるマーク
HPより引用

環境に配慮した工場

まなぶ:

東京都などが行っている助成金やサポートは利用しましたか?

吉田:

はい。省エネ設備の導入には東京都の環境対応補助金を使わせていただきました。

二酸化炭素排出量の削減目標を掲げ、その達成に向けて太陽光発電や、省エネエアコン、LEDを積極的に導入させていただきました。

まなぶ:

製品を生産している工場もまさに環境に配慮して稼働し、 素晴らしい取組ですね!数値化してもらえると、他の企業さんへの省エネ設備の導入の後押しになりそうですね。

吉田プラ工業 足利工場の太陽光パネルの写真
HPより引用

吉田:

我々中小企業の抱える課題は多く、認証取得等の費用はまだ投資回収が出来ていない状態です。ご質問の工場の環境配慮についても、補助金を活用させていただいたのですが、環境に配慮した設備を整えてもどれだけ無駄なものを抑えられているのか、本当に投資回収出来ているのか不明瞭な部分が多いのが現状です。

脱プラ・脱炭素から広がるビジネス

まなぶ:

今行われている脱プラ・脱炭素の取組が進んでいますが、ここから新しいアイデアや事業が生まれる可能性はありそうですか?

五味:

まだ計画の段階ではなく、アイデアのみではありますが、プラスチックケースの廃材を特別な方法で溶かして、燃料を生成する装置があります。それを工場においてプラスチックの廃材から燃料を作り、工場の近くにあるイチゴ栽培を行っているビニールハウスを温める燃料として地域の農家さんに使っていただけないかというアイデアが社員のメンバーからあがりました。

まなぶ:

地域に貢献できる素敵なアイデアですね。そういった声が社内からあがるということは、社員の方にとってもGXが自分事になってきているのですね。

五味:

お客様の環境意識の高まりも感じます。お客様との会話の中でサステナブルや環境への配慮のお話が出てくるようになり、当社の脱プラや脱炭素の取組については営業の中でもよくお話させていただいております。

吉田:

弊社一丸となってGXを進めていき、これからも無駄なく環境へ配慮した高品質な製品をお客様にご提供していきたいと思います。

まなぶ:

社会全体の意識が環境を守ることへ向かってきているのを感じられますね。環境貢献を意識した製品づくりを応援しています。無駄をなくすことも環境に配慮したサステナブル!

貴重なお話を聞かせていただき、ありがとうございました!

環境に配慮した製品づくりに取り組んでいます。

吉田雄三

大手化粧品会社を経て
2002年4月
吉田プラ工業㈱入社(技術本部)
2010年6月
吉田プラ工業㈱ 代表取締役社長
吉田コスメワークス㈱ 代表取締役社長

五味直樹

プラスチック原料、化成品の販売会社を経て
2004年10月
吉田コスメワークス㈱入社(営業担当)
2014年4月
同社・執行役員 営業3部部長
2019年4月
同社・執行役員 マーケティング本部長
2022年4月
同社・常務執行役員 営業・購買担当 マーケティング本部長

GXまなぶ君

東京都内のサービス会社に勤める新卒社員。会社がGXに取り組むこととなり、先輩と一緒にGXとは何かを勉強中。真面目すぎてちょっとずれているところもあるが、何事にも一生懸命な頑張り屋。「GX普及啓発シンポジウム」Facebook公式アカウントにて、GXまなぶ君の奮闘記を連載中!! https://m.facebook.com/gx.symposium

«
GXお役立ちコラム一覧へ
Contactお問い合わせ
GX普及啓発シンポジウム運営事務局
お電話でのご相談・お問い合わせ
050-4560-3829
フォームからのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

*お電話での受付時間:9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
*メール・フォームでのお問い合わせは常時可能ですが、返信は上記時間内となります
*当事業は東京都より委託を受け、アデコ株式会社が運営しています