arrowPage
Top
Column GXお役立ちコラム
  1. ホーム
  2. GXお役立ちコラム
  3. GX実践企業インタビュー 吉田プラ工業株式会社 Vol.2

GX実践企業インタビュー 吉田プラ工業株式会社 Vol.2

吉田プラ工業株式会社
Vol.2「どうやって自社だけでGXに対応していったのか」

GXに取り組む企業にGXまなぶ君がインタビュー!

第二弾は2023年10月5日(木)に行われた「第1回GX普及啓発シンポジウム2023」にも登壇していただいた吉田プラ工業株式会社 代表取締役社長 吉田雄三さんと同社 マーケティング本部長 五味直樹さんにお話を伺います。2回目のテーマは「どうやって自社だけでGXに対応していったのか」です!

たった3人でスタートした「サステナブル要求全般に対応する専門部署」

まなぶ:

前回はサステナブル経営の情報開示でまず取り組んだことについてお話を聞かせていただきました。

環境配慮を経営とからめて、まず不良品をなくすことで資源の無駄を減らし、収益へと直結する取組を始められましたが、次に社長が主導して立ち上げた「サステナブル要求全般に対応する専門部署」について詳しく教えてください。

吉田:

サステナブル要求全般に対応する専門部署を私と社員2人で立ち上げました。 最初は経済産業省が出しているエクセルの計算式からCO₂排出量を把握しました。専門家の手を借りずに完全に自社だけでスタートしました。

まなぶ:

行政が提供しているツールを使って自社だけで行ったのはすごいですね!吉田プラ工業さんのHPにCSR(企業の社会的責任)アクションプランが掲載されていましたが、アクションプランや目標はどうやって決めていったのですか?

吉田:

アクションプランや目標は徐々に作成していきましたね。

五味:

そうですね。評価プラットフォームに加盟すると莫大な量の質問が届きました。それに回答を行っていくと達成できていなかった項目が見えてきて、それが自社のサステナブル経営の把握につながりました。毎年回答を行っているうちに方針もでき、アクションプランが作られていきました。

HP アクションプランより一部抜粋

社内で環境配慮の取組が拡大!

まなぶ:

目標がどんどん明確になってきたのですね!ちなみにCO₂排出量の把握以外にはどのような取組を行いましたか?

吉田:

無駄な不良品を減らすことで資源を無駄に使わない脱プラを目指すことと、プラスチックの使用を完全に止めるのではなくてリサイクルプラスチックに置き換えたり、従来のプラスチックと同じ品質基準をクリアし、環境へ配慮したバイオプラスチックや生分解性プラスチックを使ったボトル容器やコンパクトケースの開発も行ったりして、脱プラを進めていきました。

設備投資としては補助金を活用して工場の屋根にソーラーパネルを設置し、省エネのエアコンやLEDの照明など環境に配慮した設備へ変えました。

まなぶ:

商品だけでなく自社内の設備環境も環境に配慮したものに変えていったのですね!

バイオプラスチックのみを使ったコンパクト容器
吉田プラ工業株式会社HPより

脱プラから生まれた新しい取組

まなぶ:

社会の流れもだんだんと「環境へいかに配慮しているか」が重要視されるようになってきました。環境へ配慮したおしゃれな商品も目にするようになりましたが、お取引先さんからもそういったニーズの高まりを感じますか?

吉田:

お客様から環境へ配慮した商品についてのお問い合わせは増えています。

今年、廃棄予定プラスチックを使った商品開発を行いましたね。

リサイクル製品の開発ということではオルビス様と廃棄予定のプラスチックを使い、1点もののトレイの制作をさせていただきました。アップサイクルトレイといいます。

この取組は、世の中の環境意識の高まりを受け、オルビス様から環境に貢献できる製品開発ができないかと相談されたところから始まったのですが、私たちではこのような製品が作れますよと自信をもってお応えできるようになったことが、このような製品開発につながったのではと思っています。

まなぶ:

とてもおしゃれですね!環境配慮と世の中のニーズを満たす商品がこれからもっと増えるといいですね。

吉田雄三

大手化粧品会社を経て
2002年4月
吉田プラ工業㈱入社(技術本部)
2010年6月
吉田プラ工業㈱ 代表取締役社長
吉田コスメワークス㈱ 代表取締役社長

五味直樹

プラスチック原料、化成品の販売会社を経て
2004年10月
吉田コスメワークス㈱入社(営業担当)
2014年4月
同社・執行役員 営業3部部長
2019年4月
同社・執行役員 マーケティング本部長
2022年4月
同社・常務執行役員 営業・購買担当 マーケティング本部長

GXまなぶ君

東京都内のサービス会社に勤める新卒社員。会社がGXに取り組むこととなり、先輩と一緒にGXとは何かを勉強中。真面目すぎてちょっとずれているところもあるが、何事にも一生懸命な頑張り屋。「GX普及啓発シンポジウム」Facebook公式アカウントにて、GXまなぶ君の奮闘記を連載中!! https://m.facebook.com/gx.symposium

« »
GXお役立ちコラム一覧へ
Contactお問い合わせ
GX普及啓発シンポジウム運営事務局
お電話でのご相談・お問い合わせ
050-4560-3829
フォームからのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

*お電話での受付時間:9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
*メール・フォームでのお問い合わせは常時可能ですが、返信は上記時間内となります
*当事業は東京都より委託を受け、アデコ株式会社が運営しています